FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナルスティックとかいう新兵器投入


昨日、店員の顔も覚えつつある最近御用達の近所のアダルトショップへ行きアダルトグッズコーナーに吸い込まれた私の目に ボス クリスワンド【TypeA】なるものが飛び込んできました。

まるで水晶の如く光り輝き、妖艶な凹凸を備えたそのフォルムに私は魅了され、その未知なる物体を手に取るまでそう時間はかかりませんでした。

理性くん「おい、こんなもの買っちまって万が一家族にバレでもしたらただじゃすまないぜ?やめとけよ」

天使ちゃん「あなたの快楽への探求心の赴くままにすればいいのよ」

はい、天使ちゃん圧勝でございます。

少し後ろめたい気持ちでそそくさと会計を済ませると必要以上に愛想の良い近所のアダルトショップ店員に

「ありがとぅござぃましたぁー!又のご来……」

言うが早いか私は足早に店を後にしました。

その夜家族が寝静まった後そそくさとアネロス挿入と同じように準備をし、エロ動画を見ながら気分を高めていざ ボス クリスワンド【TypeA】にもローションを塗り挿入しようと思ったのですが、いかんせんデカい。

想像よりもキツい。

何度かチャレンジしましたが痛いので一度断念し、ネットで色々見ていると ボス クリスワンド【TypeA】は両側が使える模様。

こっちならいけそうと思い反対側を挿入することにしました。

すると最初はちょっとキツかったのですが段々慣らすように ボス クリスワンド【TypeA】でマッサージしていると少しずつ入っていき、頭が入ったらあとはニュルンと中まで飲み込んでしまいました。

仰向けでM字開脚の姿勢で戦闘機が急上昇するときの操縦桿を握るような状態から機首を下げるように操縦桿を前に倒すと前立腺に今まで体験したこともないような

ズッドーーーン!

という快感が襲って来ました。

そこから ボス クリスワンド【TypeA】を左右に振ってみたり出し入れしてみたりする度に快感の波が大きくなっていき、射精するときの快感に近い感じがしばらく続きました。

なんかもう少しでイケそうな、もう少しでぶっ飛べそうな感覚はあったのですが疲れてしまいウェットにて終了しました。

恐らくアネロスでそこそこ開発が進んでいたせいもあるんでしょう。
ここまで気持ちいいとは思っても見ませんでした。
ボス クリスワンド【TypeA】、恐るべし。


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
welcome!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。